2006年08月08日

格闘技漫画ナツ100(前編)

なんか漫画ナツ100という企画があるそうで
好きな漫画100選的なものらしいです

私も漫画は好きなほうでよくコンビニで立ち読みをします
地域のセブンイレブンが立ち読み禁止になったのは
自分のせいなんじゃないかって思ったりします

ま、そんなわけで漫画100選やってみるかと
思ったんですが、格闘技にちなんだブログだけに
自分の趣味をさらすのもなんだなぁと思い
格闘技漫画を100!
・・・いや、まず50ぐらい紹介してみようかなと思います

基本的には1度でも読んだことあるものだけで
順番は適当

いでじゅう! 12 (12)
1−柔道:いでじゅう!(モリ タイシ)
まぁ、柔道漫画というよりギャグ+学園漫画みたいな感じ。なんというか面白いですな


エアマスター 14 (14)
2−異種格闘技:エアマスター(柴田 ヨクサル)
体操界の女王といわれた女子高生が繰り広げるストリートファイト。現実的じゃないけど、いろんなジャンルの格闘スタイルが出てきて面白い。


あしたのジョー (3)
3−ボクシング:あしたのジョー(高森 朝雄 ちば てつや)
古い漫画。「立つんだ、ジョー」の台詞と力石徹との死闘が有名。


空手バカ一代 (1)
4−空手:空手バカ一代(梶原 一騎)
これまた古い。極真空手の創始者大山倍達の物語。「チェストー!」


キン肉マン (3)
5−プロレス:キン肉マン(ゆでたまご)
見てた世代です。何か話の辻褄が合わなかったりするところもあったけど、一時代を築いたね。ロビンマスクが好きだったね。


キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 1 (1)
6−プロレス:キン肉マンU世(ゆでたまご)
何かプレイボーイ誌で始まったそうですね。あの超人達の子供が活躍します。俺ぐらいの世代なら懐かしいはず。


グラップラー刃牙 (22)
7−異種格闘技:グラップラー刃牙(板垣 恵介)
いわずと知れた本格派格闘技漫画。ちょっと古武道関係が強すぎる感じがするけど、そこは幻想のままに・・・。トーナメントは面白かったなぁ。


バキ 28 (28)
8−異種格闘技:バキ(板垣 恵介)
いわずと知れた別名死刑囚編。行き当たりばったりの流れ、毒手、ミギャアアア、サムワン海王などかなりの盛りだくさんとなっております。


コータローまかりとおる! (1)
9−空手:コータローまかりとおる!
何か柔道編をちょっとだけ読んだことあるだけ。よく知らないんだ。空手の天才の学園物語らしいんだ。


殺し屋1(イチ) 1 (1)
10−その他:殺し屋1(山本 英夫)
グロイ。これは格闘技漫画になるのかな?でも、まぁ、基本は空手かなんかだし、蹴りに特化した殺り方だし、面白いし、いれときました。


コンデ・コマ 16 (16)
11−柔道:コンデ・コマ(鍋田 吉郎 藤原 芳秀)
柔道家前田光世の海外武者修行を描いた漫画。ヤングサンデーに載ってたんだっけ?





12−柔道:そばっかす!(きくち正太)
ソバ屋の娘が柔道の女王に出会い、成長していく話。ソバ打ちで鍛えた怪力でライバル達と戦っていく。


Cuffs―傷だらけの地図 (3)
13−その他:CUFFS 〜傷だらけの地図〜(東条 仁)
ただの喧嘩漫画は入れたくないんだけどなぁ。ま、いいか。死んだ父親の魂が乗り移った主人公が喧嘩により困難に打ち勝っていく。


Monacoの空へ 12 (12)
14−ボクシング:Monacoの空へ(野部 利雄)
ヤンジャンだっけ?最初だけ読んでたんだよな。ま、主人公とヒロインの王道行くようなスポーツ漫画だったような。


ザモモタロウ (1)
15−プロレス:THE MOMOTAROH(にわの まこと)
これって「おしり、ふりふり、もんがもんが」の漫画でしょ。懐かしい。キンタロウとかもいたよね。


Yawara! (1)
16−柔道:YAWARA!(浦沢 直樹)
小柄な女の子だが、柔道がめちゃくちゃ強い猪熊柔が主人公。谷亮子はもういいや。


ああ播磨灘 (1)
17−相撲:ああ播磨灘(さだやす 圭)
ちらちらとしか読んだこと無いなぁ。でも、相撲界のタブーに踏み込んだ作品らしいよ。


タイガーマスク (1)
18−プロレス:タイガーマスク(梶原 一騎 辻 なおき)
友達の家にあったんだよな。当時は虎の穴って怖ぇなあなんて思ってたよ。


どす恋ジゴロ 1 (1)
19−相撲:どす恋ジゴロ(平松 伸二)
あんまり読んだこと無いんだけどね・・・。絵柄がね、目がキラキラしててちょっとね・・・。


となりの格闘王 1 (1)
20−キックボクシング:となりの格闘王(緒田 太一 西条 真二)
珍しいK−1の漫画。まぁ、佐竹が中心の話だけど。漫画にするとちょっと誇張が激しいね。


ドラゴンボール (巻1)
21−その他:ドラゴンボール(鳥山 明)
一応ね。天下一武道会とかもやってるしね。


はじめの一歩―The fighting! (76)
22−ボクシング: はじめの一歩―The fighting!(森川 ジョージ)
長いねぇ。でも、この漫画は試合もギャグも面白い。おれは鷹村が好きです。


パラダイス 1 (1)
23−ボクシング:パラダイス(守村 大)
ヤングサンデーだっけな。流し読み程度だけど、なんか気持ちいいストーリーだったと思う。


ホーリーランド (9)
24−異種格闘技:ホーリーランド(森 恒二)
いじめられっこが路上の喧嘩で自分の居場所を見つける。ストーリーと喧嘩の技術論がしっかりしてるね。意外と好きな漫画。


花マル伝 2 (2)
25−柔道:花マル伝(いわしげ 孝)
主人公花田徹丸、通称花マルは負けず嫌い。ライバル木元と共に成長していく。俺が読んでたのは“新”のほうかも。


餓狼伝 18 (18)
26−異種格闘技:餓狼伝(夢枕 獏 板垣 恵介)
現在イブニングで連載中。やっぱりトーナメントは面白い。あと、原作があるせいか、バキより内容が濃い気がする。


格闘太陽伝・ガチ 10 (10)
27−異種格闘技:格闘太陽伝ガチ(青山 広美)
ガチンコでの格闘チャンピオンを目指す原田太陽の物語。スピリッツに載ってた気がする。そしていつの間にか終わったような・・・。


空手小公子小日向海流 (1)
28−空手:空手小公子 小日向海流(馬場 康誌)
体操選手だった主人公が、古派の空手にはまっていく。得意技は胴回し回転蹴り。絵柄が巧くて迫力がある。キャラもいい。


軍鶏(シャモ) 22 (22)
29−異種格闘技:軍鶏(橋本 以蔵 たなか 亜希夫)
今一番面白い格闘漫画じゃない?親殺しの十字架を持つ主人公が、少年院で学んだ空手を元に、更なる闇の世界へ歩んでゆく。


拳闘暗黒伝セスタス 11 (11)
30−その他:拳闘暗黒伝セスタス(技来 静也)
この漫画のためにヤングアニマル読んでた時期がありました。古代ローマ時代、自由を掴むため拳闘により勝ち抜くしかない拳奴の物語。


高校鉄拳伝タフ 40 (40)
31−異種格闘技:高校鉄拳伝タフ(猿渡哲也)
灘神影流活殺術の継承者宮沢熹一が様々な格闘家と戦っていく話。この漫画は寝技も広く扱っているところがいいね。


史上最強の弟子ケンイチ 21 (21)
32−異種格闘技:史上最強の弟子ケンイチ(松江名 俊)
いじめられっこのケンイチが最強の道場「梁山泊」で鍛えられ、成長していく。ヒロイン風林寺美羽のスパッツ的なものはエロイ。


破壊王ノリタカ! 異種格闘技開戦!編
33−異種格闘技:破壊王ノリタカ(刃森 尊)
軟弱者のノリタカがかわいこちゃんをものにするために、蹴道部に入る。少年マガジンだっけか。


人間凶器カツオ 1 (1)
34−異種格闘技:人間凶器カツオ(刃森 尊)
ストーリーと悪役の絵柄が似すぎてて、ノリタカと違いがわからん。


帯をギュッとね!―New wave judo comic (1)
35−柔道:帯をギュッとね! (河合 克敏)
柔道に燃える高校生の日常を描いている。登場人物がみんないいキャラしてるんだよね。友達でこの漫画好きな奴いたな。絵がちょっと淡白。





36−その他:谷仮面(柴田 ヨクサル)
なんだか人生を悟り仮面をかぶり人生を送る谷君。好きな人ができたが、やりたくも無い喧嘩に巻き込まれる毎日。一応レスリングの試合あったよな。


鉄拳チンミ (1)
37−拳法:鉄拳チンミ(前川 たけし)
カンフー少年チンミの成長の物語。歯医者で読んだなこの漫画。


天然少女萬 1 (1)
38−その他:天然少女萬(こしば てつや)
喧嘩めちゃ強少女「萬」が主人公。ヤンマガだっけな。何かエロいシーンが多かった気がする。何巻かはR指定だったっけ?


闘将拉麺男(たたかえラーメンマン) 1 (1)
39−拳法:闘将!!拉麺男(ゆでたまご)
ラーメンマンが弟子シューマイと共にカンフーを極める。命奪崩壊拳!


美女で野獣 8 (8)
40−異種格闘技:美女で野獣(イダ タツヒコ)
女子高生達の殴り合い。漫画本はもってないけど、この作者意外と好きなんだよな。


北斗の拳 (4)
41−拳法:北斗の拳(武論尊)
核戦争後の荒廃した世界で北斗神拳の継承者ケンシロウが活躍する。お前はもう死んでいるの台詞は有名。俺は濃い絵が苦手だったなぁ。





42−ボクシング:満腹ボクサー徳川。(日高 建男)
ボクサー徳川貴作のヘビー級への挑戦を描く。コミックバンチは毎週見てはいなかったので話のつながりが分からん。


霊長類最強伝説ゴリ夫 2 (2)
43−異種格闘技:霊長類最強伝説ゴリ夫(刃森 尊)
これも破壊王ノリタカと同じ作者。話も似たような感じだったなぁ。一瞬で終わったような気がしたけど、7巻まで出てた。


六三四の剣 (1)
44−剣道:六三四の剣(村上 もとか)
六三四とそのライバル達の物語。ファミコンでゲームあったと思う。よくやったなぁ、懐かしい。


アグネス仮面 1 (1)
45−プロレス:アグネス仮面(ヒラマツ ミノル)
スピリッツだっけな。最初だけ読んでたな。ま、プロレス漫画の中では絵も良いし、読みやすいかも。





46−キックボクシング:キックの鬼(梶原 一騎)
主人公沢村忠は実在するキックボクサー。でもかなり古い漫画。真空飛び膝蹴りか。


魁!!男塾 (第1巻)
47−その他:魁!!男塾(宮下 あきら)
江田島塾長と民明書房が有名。絵柄が嫌いであんま読んでないです。


1ポンドの福音 (Vol.1)
48−ボクシング:1ポンドの福音(高橋 留美子)
高橋留美子の絵が嫌いでほとんど読んでないです。何かシスターが出てきた覚えが・・・。


押忍空手部 1 (1)
49−空手:押忍空手部(高橋 幸二)
何かよく血みどろになるよね。熱くて馬鹿な漫画。


修羅の門 1 (1)
50−異種格闘技:修羅の門(川原 正敏)
陸奥九十九って、よく漫画最強キャラの話題の中にでてくるよね。実は全く読んでないんだ、この漫画。



疲れた・・・
posted by メット at 12:56| Comment(1) | TrackBack(2) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

HERO'S2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝 試合結果

放送した分だけ

<スーパーファイト>

syu-min.JPG
セーム・シュルト○ 1R三角絞め ●キム・ミンス
シュルトは総合でも強いなぁ
体型的には倒されやすいので
PRIDEから選手が流れてくるときついかも

don-yam.JPG
ドン・フライ○ 1Rチョークスリーパー ●山本 宜久
フライは頑張るなぁ


<ミドル級トーナメント準々決勝>

me-to.JPG
所 英男● 2R判定 ○アイヴァン・メンジバー
メンジバー強し
技術力の応酬だった
ま、所の力自体これぐらいなのかも
これからでしょ

karu-.JPG
高谷 裕之● 1RKO ○J.Z.カルバン
いい飛び膝!
カルバンとかって見ていてワクワクする選手だね

ha-yas.JPG
安廣 一哉● 1Rチョークスリーパー ○ハニ・ヤヒーラ
安広はこきつかわれてるなぁ
ま、寝技にもちこまれたらこんなもんなのかな?

uno-man.JPG
宇野 薫○ 2Rチョークスリーパー ●ブラックマンバ
マンバ残念
膝をうまくあわせたけどね・・
カットで止めてもおかしくなかった
まぁ、グランドだと宇野に一日の長があった


<ライトヘビー級トーナメント準々決勝>

kin-aki.JPG
秋山 成勲○ 1Rミスジャッジにより判定 ●金 泰泳
金選手は久しぶりに見た
もっと見たかったけど
かなり変に腕が曲がってた感じだったので
止められても仕方なかったんじゃない?
ま、ミスだったとレフィリーも認めたんだし
再試合ぐらいはやっても良かったんじゃないか?

manu-kura.JPG
クラウスレイ・グレイシー● 1RTKO ○メルヴィン・マヌーフ
マヌーフはアグレッシブだなぁ
これからも見たい選手

oo-hodo.JPG
大山 峻護○ 2R判定 ●ホドリゴ・グレイシー
大山は塩だから興味が無い

saku-sumi.JPG
桜庭 和志○ 1R腕ひしぎ十字固め ●ケスタティス・スミルノヴァス
これは危なかったね
50秒ぐらいで止めるべき場面があったね
ルールがスミに伝わってなかったのも
問題だけど
あそこで止めないようなレフィリーだと
選手生命に関わってきそう
今回はほんと危なかったんじゃないの?
金vs秋山もそうだけど
審判は文句言われないよう威厳を持って欲しい
ま、K−1のレフィリーにそんなやついないか
posted by メット at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

WBA世界ライトフライ級王座決定戦 試合結果

8月2日、横浜アリーナで行われたWBAの王座決定戦
ランキング1位のファン・ランダエタ(ベネズエラ)と
2位の亀田興毅との試合

一番確率が高いこのタイトルを狙ってきただけに
どうなのかな?と思ってたけど・・・
これって・・・

kamedown.jpg

ホームディシジョンで僅差の判定で亀田選手が勝ちました
まぁ、いいんだけどさ・・・

前々からジャブは出さねーなと思ってたけど
今回も出すつもりは無かったんだね
特に1Rと11Rはやばかったね

今回これじゃ、他団体・他階級挑戦も
無理じゃねぇの?

防衛戦で弱いの当ててもらって
まぁ、面目保つんでないかな?

憎めないキャラしてるし
格闘界も盛り上がれば
彼の功績は大きいよ


スポナビさん、間違ってねえか?
いくら不当判定だからって・・・
supo.JPG
posted by メット at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

K-1 REVENGE 2006〜アンディ・フグ七回忌追悼イベント〜 試合結果

まぁ、テレビでやった試合だけ

bure-naka.JPG
ビヨン・ブレギー○ 1RKO ●中迫 強

ブレギー強いなぁ
空手の直線的な攻撃だけど
一つ一つが力強い
試合が速く終わりすぎて
ディフェンスがどうとかが分からなかったけど
中迫はなんなんだ・・・


fuji-bo.JPG
藤本 祐介○ 3R判定 ●ボビー・オロゴン

ボビーまったくだめだったね
総合の練習が染み付いちゃったのかな?
両者のいいところがまるで無し
藤本もちょっと大振りすぎたでしょ


a-gg.JPG
ピーター・アーツ○ 3R判定 ●ゲーリー・グッドリッジ

アーツの動きが凄く良かったねぇ
ハイキックもスムーズに出てた
腰が心配なくなったんだね
攻撃力はきっと落ちてはいるけど
やっぱ老獪さが出てきて
格下には負けないね


bon-mo.JPG
レミー・ボンヤスキー○ 3R判定 ●マイティ・モー

レミーがローを効かしてたね
モーもいいボディ打ってたけど
顎のディフェンスがばっちりだった
レミーからはダウン奪えないでしょ
まぁ、もうちょっとチャンピオン経験者の
威厳を見せて欲しかったかな?


ho-ake.JPG
チェ・ホンマン○ 2RKO ●曙

曙は痩せたっていってたけど
あんま意味無かったみたい
ただ逃げ足が少しだけ速くなっただけ
ホンマンは体躯を活かした攻撃
ただそれだけ
小さな技術を上回るパワー
それだけでもいいんだけど
はっきり言って魅力無し
もっと強いやつと当ててくれ


gu-mu.JPG
グラウベ・フェイトーザ○ 3R判定 3−0 ●武蔵

グラウベはいい選手になったね
グローブの順応はもう心配ないね
ノーガードで前蹴り出しにいって
武蔵については
顔面にパンチもらって倒れたら
どんなにスリップをアピールしたってダメでしょ
ラッシュを出したとこもあったし
まぁ、ダウンの応酬ができるような選手に
なれば人気は出るんじゃない?
奪われるほうだとしてもね
ただ、谷川がMVPに選ぶとか意味が分からん
それに試合後のコメントとかね
そういうのが無けりゃなぁ
まぁ、俺はもう嫌いになってしまったので
どんな素晴らしい活躍しても変わらないけどね


※この人って雄二ゴメスだよね
 K−1に就職したの?
gome.JPG
posted by メット at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

名城選手が日本最速世界王者となる!

nasiro2.JPG

 22日、WBA世界スーパーフライ級1位名城信男が、同級王者マーティン・カスティーリョを10回TKOで下し、国内最速の世界奪取。8戦目での世界奪取は辰吉丈一郎と並ぶ記録。

 この選手、日本スーパーフライ級のタイトルマッチで、相手の田中聖二選手から勝利後、田中選手の容態が悪化、死亡するという十字架を背負っている。

 タイプは積極敵な攻撃を持ち味とするタイプで、世界戦でもその積極性でチャンピオンのまぶたを切り裂き、レフィリーストップに追い込んだ。

 まぁ、ボクシングという相手を倒すことを目的とするスポーツの場合、究極には相手を殺してしまうという可能性が他スポーツに比べて高い。
 安全性確保の向上も非常に重要だが、自分もそうなってしまうこともある。やっぱりその覚悟は重要。

 ま、怪我によるTKOなだけに、これからの防衛戦で本当の真価が問われるのかな?
posted by メット at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

PRIDE無差別級グランプリ2006 2nd ROUND 試合結果

民放での放送は無いようですね
グランプリだけ

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○ 3R判定3−0 ●ファブリシオ・ヴェウドゥム
試合見てないんで良く分かりません
でも、なんとなく様子は浮かぶかも
両者寝技に長けているから
逆に立ち技で戦った末、拮抗しちゃって
総合力の差でノゲの勝ちって感じじゃない?


s-f.jpg

藤田和之● 1RTKO ○ヴァンダレイ・シウバ
藤田にとっては勝たなきゃならん試合
くさってもヘビー級だしね
でも、試合を見ると
両者の体格差はあんまない感じ
評価を下げた藤田
変わらないシウバ
無差別でのシウバの位置が
少し見えた


ジョシュ・バーネット○ 1R羽根折固め ●マーク・ハント
この試合も見てないんだな
でも、ハントが一番勝てなさそうな相手だよねジョシュは
体格・テイクダウンの力・寝技の技術・・・
ま、結果もそのとおり
テイクダウンからサイドポジションへ
そして素早く羽折固め
2分間の出来事だったそうだ
ジョシュは決勝いくんじゃない?
次でノゲに当たらなければ・・・


m-y.jpg
吉田秀彦● 1RTKO ○ミルコ・クロコップ
吉田にはがっかりさせられた
ま、もともと期待なんかしてなかったけどね
柔道家が組んで倒せず
ローでKOなんて
相当な力の差がないとこうならないだろうね
また島田レフィリーの判断力の無さもなんとも・・・
ミルコ元気なさそうだな


ま、スポンサーも変わって
色々ショボくなったようですな
また、レフィリングもひどかったようですな
色んな点で不評でてますな
逆にシンプルになって良かった所もあるようだけど
今後、地上派で見れないとやっぱ寂しいなぁ

.続き?
posted by メット at 01:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

K-1 WORLD MAX 世界一決定トーナメント決勝戦 試合結果

高レベルの中でもダウンが多かった大会
トーナメントだけ

<準々決勝>

m-k1.JPG

魔裟斗○ 判定3−0 ●小比類巻貴之
総合力で魔裟斗が上回ったね
ボディが効いたんだろうね
ま、仲直りして良かったんじゃない?


a-k1.JPG

アンディ・サワー○ 3RKO ●ヴァージル・カラコダ
ダウンを奪い返したサワーの逆転勝ち
カラコダはパンチいいねぇ
後半足の防御がおろそかになっちゃったけど
動けるスタミナがあるなぁ
サワーの詰めも良かった


d-k1.JPG

アルバート・クラウス● 判定0−3 ○ドラゴ
唯一の番狂わせ
ドラゴの変則攻撃に膝が合ってしまったクラウス
そのまま流れを取り戻せずクラウスの判定負け
ドラゴの肩をいからせる構えは何かワクワクする


b-s1.JPG

ブアカーオ・ポー・プラムック○ 2RKO ●佐藤嘉洋
キック対決かと思われたこの試合
パンチの差が大きく表れてしまった
ブア強し


<準決勝>

a-m2.JPG

アンディ・サワー○ 判定3−0 ●魔裟斗
差はあんまり無かったと思う
地力でわずかに上回ったサワーの勝ち
あのジャンピングハイで流れが変わった


b-d2.JPG

ブアカーオ・ポー・プラムック○ 判定3−0 ●ドラゴ
放送が短かったから分からん
ドラゴの今後に期待


<決勝>

b-a3.JPG

ブアカーオ・ポー・プラムック○ 2RKO ●アンディ・サワー
ブアの微妙なKO勝ち
サワーはブレイクがかかったと勘違い?
その一発が試合を決めてしまった
よそ見してたよね
どうしたんだろ
ま、ブアが2回目の優勝となり
その強さはキック力を下地に
パンチのうまさも加わった
崩せるヤツはいるかな?


ま、最後だけ何ともモヤモヤが残る結末だったけど
レベルは高かったと思う
サワー対魔裟斗、ドラゴ対ブアなんて
見たかったしね
サワー、魔裟斗、ブア、クラウスは
同レベルでの潰し合いだと思ったら
格付けされちゃったね
ここにドラゴが喰い込んできた
コヒの復活、カラコダの成長
そこに武田が入ってくれば・・・
負けたそうです
posted by メット at 15:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

これからにかけてのK-1、PRIDE

近々の大会の注目点をあげていきましょう

6月30日(金)
K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
魔裟斗vs小比類巻貴之
アンディ・サワーvsヴァージル・カラコダ
アルバート・クラウスvsドラゴ
ブアカーオ・ポー・プラムックvs佐藤嘉洋

この日に優勝者が決まるわけですね
当日誘われてるんだよね、断っちゃったけど・・・
いい席じゃないからなぁ
ま、誰か魔娑斗を黙らせるのいねぇのかな?
ま、コヒ、カラコダ、ドラゴ、佐藤といった
K-1では一段実績の落ちる選手に期待



7月1日(土)
PRIDE無差別級グランプリ2006 2nd ROUND
吉田秀彦vsミルコ・クロコップ
藤田和之vsヴァンダレイ・シウバ
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsファブリシオ・ヴェウドゥム
ジョシュ・バーネットvsマーク・ハント

ヒョードルは欠場
代わりにヴァンダレイ
ミルコに勝って欲しい
藤田に頑張って欲しい
吉田も藤田も嫌いだけど
さすがにミドルの選手に負けないで欲しい
まぁ、シウバはガタイからみるとヘビーでも
通用する体だけどねぇ



7月30日(日)
K-1 REVENGE 2006
グラウベ・フェイトーザvs武蔵
ピーター・アーツvsゲーリー・グッドリッジ
ポール・スワロンスキーvs富平辰文
ビヨン・ブレギーvs中迫 強
藤本祐介vs新村優貴
フレディ・ケマイヨvs天田ヒロミ

ジャパンGPが選手不足でできないから
フグ七回忌大会にするんだって
別にいいけど、なんかあざとい
ブレギーとグラウベぐらいしか見たくないな
グラウベの超絶KO勝ちを期待・・・ ないな



8月5日(土)
HERO'Sミドル級&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント 準々決勝
ライトヘビー級トーナメント出場選手は
桜庭和志、秋山成勲、大山峻護、ホドリゴ・グレイシー、カーロス・ニュートン、メルヴィン・マンフーフ、ケスタティス・スミルノヴァス

ミドル級トーナメント出場選手は
山本“KID”徳郁、宇野薫、ブラックマンバ、J.Z. カルバン、ハニ・ヤヒーラ、イヴァン・メンジヴァー

ライトヘビーではマンフーフ
ミドルではブラックマンバ
この二人を応援しよう



8月12日(土)
K-1 WARLD GP最終予選 in ラスベガス
出場予定選手はアレクセイ・イグナショフ、ステファン・レコ、カーター・ウィリアムス、マイケル・マクドナルド、マゴメッド・マゴメドフなど

イグ頑張れ
posted by メット at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

PRIDE武士道 其の十一 試合結果

テレビ放送が無くなったそうですな
無差別級GPどうするんだろう?
っていうよりPRIDE消滅か?

いつもはテレビ放送みてからだけど
ま、主なところ

ウェルター級GP一回戦
kan.jpg

デニス・カーン○ 1RKO ●ムリーロ・ニンジャ

パウロ・フィリオ○ 2R判定 ●グレゴリー・ブーシェラゲム

長南 亮○ 2R判定 ●ジョーイ・ヴィラセニョール

瀧本 誠● 1Rドクターストップ ○ゲガール・ムサシ

郷野 聡寛○ 2R判定 ●ヘクター・ロンバード

三崎 和雄○ 2R判定 ●フィル・バローニ


ライト級ワンマッチ
skri.jpg

桜井“マッハ”速人○ 1RKO ●オラフ・アルフォンソ

石田 光洋○ 2R判定 ●マーカス・アウレリオ

川尻 達也○ 1Rひざ十字固め ●チャ−ルズ・ベネット


感想としては
カーンって強そう
ニンジャは活躍しねーなぁ
マッハいいKO
石田強いかも
ベネット勝って欲しかった

GPはこれにダンを加えた組み合わせ
台風の目は誰になるのか

それにしてもPRIDEからフジTV撤退って
選手のギャラどうするんだろう
小規模になっていくのか?
興行ごと他団体に売り渡し?
消滅?
選手流出?
他団体が台頭?
K−1に吸収?(これはねぇか)
他の局と組む?

ま、どっちにしろ
どうしてこうなったか
ハッキリして欲しいな

.続き?
posted by メット at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

亀田大毅のプロ4戦目はTKO勝利

6月5日、後楽園ホールで行われた亀田大毅のプロ4戦目は
ヨッピー・べヌー(インドネシア国内前フライ級王者)を相手に
5R27秒TKO勝利を飾った

tai4.jpg

とまぁ、盛り上がってるようですが
・・・微妙だなぁ
強打、強打で攻めて
ボディを効かした感はあったけど
ジャブは皆無だったね


相手のあの倒れ方も
なんだろう?
くせぇな
ヤオくせぇな


ま、歴戦の猛者相手に
ジャブはチョイチョイ食らってたけど
ガード固めながら、バッティング気味のインファイト
アッパーから始まる単発の左ボディと右のオーバーフック
こんな戦い方は見たことないけど
これからどう成長していくか
見物じゃないか


こんな風にでも注目を集めてるってことは
踊らされてるんだよなぁ、俺も


T-BOLANの「HEART OF GOLD」歌ってました
taiuta.jpg

.続き?
posted by メット at 02:11| Comment(1) | TrackBack(3) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

K-1 WARLD GP IN SOUL 試合結果

ワールドGPのソウル大会
俺は基本的に韓国は嫌いだけど
ま、基本的に普通の人には罪はないんでね

主なところだけいってみましょう


a-tu.jpg
ピーター・アーツ○ 2RKO ●堀 啓
いやぁ・・・・
凄い凄い凄い凄い凄い
久々にアーツのハイキックのKO見た
コンパクトなハイキックだったね
堀は背はスーパーヘビーでも負けないけど
線が細いね
積極的な姿勢はとても良かったけど
やはりここで芽が出ないと
今後の成長は難しいかも
伸びしろあるのかな?
でも、危ないKO見たよ
ダメージが残らないといいね
ほんとアレ危険じゃね?


sef.jpg
レイ・セフォー○ 1RKO ●ルスラン・カラエフ
どっちが勝つかわからない試合ほど
実力通りの結果になると思う
この試合もスピードが持ち味の二人
今の時代セフォーのスタイルは
もしかしたら一世代前の
古めかしいものになってるのかもかもしれない
ローを効かせて、潜り込んで隙を突く
マトリックス避けだのバックスピンだのジャンピングハイだの
もてはやされている今だからこそ
この基本的な技術が大事なのかも
セフォーもトリッキーと言われてたけど
それは基本の上に成り立ってたんだと思う
・・・考えすぎでした
ヘビー級のパンチが顎に当たれば
意識を失うんだね


fji.jpg
藤本 祐介○ 2RKO ●キム・ミンス
トーナメント決勝戦
レベルがレベルだけど
日本人で世界トーナメント優勝者が出てよかったね
谷川さんは予期してなかったとは思うけど


syu-ho1.jpg
セーム・シュルト● 3R判定 ○チェ・ホンマン
動ける巨人と動けない巨人の戦い
ホンマンは顔でかいの一言
結果はホームディシジョン
シュルトが劣ってたところは一つもなかった
掴みの注意と2Rでシュルトがグラついたところが
差となったと思い込むしかない
ま、あの観客数と彼らの民族性からも
シュルトに勝たせたら、暴動がおきて
シュルトに被害がいってしまうかもしれなかったからね
しょうがないんじゃないかな
俺、ホンマン嫌いなんだよね
あの判定で喜んでる韓国人も大嫌い


それにしてもスポナビで谷川の総括を読んだけど
ホンマン押しがマジでウザいな
生で近くで見てるのに、何見てんの?
しょーもな

.続き?
posted by メット at 00:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

K-1 WGP 2006 in オランダ 試合結果

はっきりいってよく見てません

■トーナメント
biyon.jpg

準々決勝1
アレクセイ・イグナショフ○ 2RKO ●ピーター・ボンドラチェック

準々決勝2
メルビン・マンホーフ○ 1RKO  ●富平辰文

準々決勝3
ビヨン・ブレギー○ 3RKO  ●フレディ・ケマイヨ

準々決勝4
ナオフォール・“アイアンレッグ”○ 1RKO  ●アティラ・カラチュ

準決勝1
アレクセイ・イグナショフ● 判定 ○ゴーカン・サキ(オランダ/ゴールデン・グローリー)
※マンホーフが左手の負傷により辞退し、第1リザーバーのサキが出場

準決勝2
ビヨン・ブレギー○ 2RKO ●ナオフォール・“アイアンレッグ”

決勝
ゴーカン・サキ● 1RKO ○ビヨン・ブレギー(スイス/ボスジム)


ブレギーはでかい空手家
小粒とは言わないけど
カラエフやバダ・ハリとかスピードのある新人が
旋風?を起こしてるみたいだけど
やっぱK−1は2mの選手が活躍してるのが見たい
そんな中、いい選手が現れました
スピードより一発の力で相手をねじ伏せる姿はいいね
ナオフォールももっと見たい

■ワンマッチ
hoo.jpg

ラモン・デッカー● 判定 ○ジョエリ・メス

ドラゴ● 判定 ○レイ・スターリン

セーム・シュルト○ 判定 ●ロイド・ヴァン・ダム

ジェロム・レ・バンナ● 判定 ○レミー・ボンヤスキー

アーネスト・ホースト○ 判定 ●ピーター・アーツ


レミーの勝利は地元贔屓かな?
まぁ、バンナがKOできなかったんだからしょうがない
ホーストとアーツは老獪だね
あんま、見ていて盛り上がりに欠けるけど
ブーイングはかわいそうだったね
もう世代交代の時期だけど
技術力が高いため、判定になっちゃう
それを乗り越える選手たちがいる?
posted by メット at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

PRIDE無差別級GP2006 開幕戦 試合結果

mugp.jpg

戦い前に考えてたランクはこんな感じ
ノゲイラジョシュミルコハント藤田アレキサンダー高坂アリスターファブリシオ吉田トンプソン美濃輪ズール西島

試合結果は↓

アリスター・オーフレイム● 2R腕固め ○ファブリシオ・ヴェウドゥム
ヴェウドゥムは強いんですね
過小評価してた
まだ経験が浅くて・・・と思ってたけど


高阪 剛● 2RKO ○マーク・ハント
高坂残念
ハントは寝技も勉強してるねぇ


ジョシュ・バーネット○ 2RV1アームロック ●エメリヤーエンコ・アレキサンダー
これは良い試合
カット無しで見たかった
二人ともいい選手だなぁ
アレキサンダーはヒョードルより
背が大きいだけに倒されやすいと思うので
タックルを切ることと、グランドからの脱出を
兄以上に強化しなけりゃいけないし
そこが完璧になりゃトップに立てんじゃねぇの
あ〜ぁ、兄弟対決見たかったなぁ


藤田 和之○ 1RKO ●ジェームス・トンプソン
藤田逆転勝ち
トンプソン落ち着けりゃ意外と強い
打たれ弱いかもしれんけど


ミルコ・クロコップ○ 1RKO ●美濃輪 育久
ミルコ完勝


アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○ 1R腕ひしぎ十字固め ●ズール
ノゲ完勝
なんでズールが出れるんだろ?


吉田 秀彦○ 1R三角絞め ●西島 洋介
吉田もまぁ、西島には勝てるでしょ

.続き?
posted by メット at 11:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

亀田興毅 世界前哨戦・最終章 試合結果

日時:5月5日
場所:有明コロシアム

kametai.JPG
亀田大毅○ 1RKO キティポップ・サンディジム
いいボディだったね
歌はどうでもいいけど


kamekou.jpg
亀田興毅(WBAフライ級4位)○ 2RTKO ●カルロス・ファハルド(WBCフライ級30位)
ローブロー気味なのは今回は注意されたね
それにしてもジャブ使わんね
強打とタイミングと打ち終わりのディフェンス
ここぞという時のラッシュ
確かに素晴らしいけど
これで世界獲れるかな?
一番ランク上位のボウチャン戦はあまり参考にならないし
勢いでいけるかもしれんけど
壁にぶち当たるってのも面白そうだ

.続き?
posted by メット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

HERO'S 2006 試合結果

放送した奴だけ

karu.JPG
門馬 秀貴● 1RTKO ○J.Z.カルバン
門馬選手は通常体重から14kg減量するって
危ないね
でもまぁチャンスを掴むためって言ってたからしかたないか


man.JPG
所 英男● 1RTKO ○ブラック・マンバ
ブラック・マンバは好きな選手だなぁ
打撃の強い細い選手
所選手は残念だったけど
こんな風に番狂わせじゃないけど
製作側の目論見と逆の結果が出ることもないとね
ヤオくささというか作られたヒーローというか
面白さ半減しちゃうからね


uno.JPG
宇野 薫○ 2Rチョークスリーパー ●オーレ・ローセン
ローセン選手はホント寝技に対応できてるね
中堅以上になれるんじゃない?


gori.JPG
アントニオ・シウバ○ 1RTKO ●トム・エリクソン
シウバはゴリラ


make.JPG
曙● 2Rフロントチョーク ○ドン・フライ
ヤオくささ満開のカード
まぁ、曙に勝たせてあげなくて良かったけど・・・
曙は何回負けりゃ気が済むんだ?
ずっと前からゴミと確定された選手を使って
谷川さんは何を望んでいるのだろうか?
ってマニアじゃない視聴者ってか?
まぁ、契約の問題かぁ
それにしても曙は自分で
成長した、成長したって
むかつくな、何だこいつ
なんか・・・もう、いいょ


aki.JPG
秋山 成勲○ 1RKO ●永田 克彦
いいバックスピン


kid.JPG
宮田 和幸● 1RKO ○山本“KID”徳郁
早い
宮田選手は何というか・・・
プロ格闘技向いてないじゃない?
テクとかじゃなくて巡り会わせというか、運命というか・・・


全体を通して
KOが多くて面白かった
早くに決まる試合が多かったし
桜庭はどうなんでしょうね
PRIDEお払い箱になったのかな
まぁ、でもHERO’Sって
総合の中ではどんな存在になるんだろ
曙もいれば、B・Jペンとかが出たりするし
まぁ、プロレス色がなくなっていけば
ホントもっと面白くなるんじゃないかぁ
政治的なところがあるのかな?

.続き?
posted by メット at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

K-1 WARLD GP IN LASVEGAS 試合結果

放送したやつだけ

kengo.JPG
ゲーリー・グッドリッジ○ 1RKO ●謙吾
健吾は日本人重量級では久々にいい選手だと思う
本気で思う
パンクラスの頃は嫌いな選手だったけど
あの体格、あのアグレッシブさ
嫌いじゃない
まぁ、かなり打たれ弱そうな感が凄いあるけど・・・
藤本と同等ぐらいにはなるんじゃない?
壮絶KO良かったしね


fau1.JPG
ハリッド“ディ・ファウスト”○ 1RKO ●ショーン・オヘア
いいKO


geri1.JPG
ゲーリー・グッドリッジ ○ 1RKO ●スコット・ライティ
早い


ka-ta.JPG
カーター・ウィリアムス○ 3R判定 ● ハリッド“ディ・ファウスト”
カーターは何か太った?
スピード感のある一発は健在
でもやっぱ一発もらうと止まるね
勝ったカーター骨折の疑い
ファウストが決勝へ
カーターはもうちょっとディフェンスが良けりゃなぁ


fa2.JPG
ゲーリー・グッドリッジ● 3RKO ○ ハリッド“ディ・ファウスト”
壮絶逆転KO
でも、一度は負けた選手が優勝なんてちとおかしい
リザーブぐらいやれよ
ま、盛り上がったからいいけど


reko.JPG
ステファン“ブリッツ”レコ● 3R判定 ○ルスラン・カラエフ
なんかカラエフの勢いが落ちた感じ
ルール改正のせいか?
レコのテクがそうさせたのか?
ま、レコも復活してきたんじゃない?


hon.JPG
チェ・ホンマン○ 3R判定 ●ザ・プレデター
ブックの匂いがプンプンでしたが
ホンマンのスタミナ切れにより
接戦に
ホンマン持ち上げたいのは分かるけど
もっと強い相手当てろよ
↓戦ってきた相手↓
○若翔洋(弱い相撲取り)
○曙(弱い相撲取り)
○ガオグライ(中量級の選手)
○ハワード(プロレスラー)
○曙(前述)
○サップ(フットボール選手)
●ボンヤスキー(正統派キックボクサー)


syu.JPG
セーム・シュルト○ 3R判定 ●武蔵
武蔵悪くなかったね
あのガッツポーズさえしなけりゃなぁ
シュルトより勝った点はなかったから判定は妥当


全体を通して
KOが多かったのは面白かった
ダウンも多々あったしね
でも、みんな攻撃力9うたれ強さ1の選手が多い
見てる分には分かりやすいし
ラスベガスだなって雰囲気はあるけど
もうちょっとレベルが上がればなぁ
豪快な選手は
武蔵とか判定の多い選手に当てると面白いんだけどなぁ
多分擁護されてる選手には絶対に当てないんだろうなぁ

あと、ホンマンの動きののろさが目立ったね
スピードが持ち味の武蔵に引けをとらなかったシュルトに
比べると天と地
力があるだけに細い選手には強そうだけど
ボブサップとか秋山とか吉田とか小川とか藤田とか
ほんとに強いのか判らない
嫌な中堅どころになりそうなんで
早くバンナやアーツ、シュルトとやってもらいたい
カラエフとかファウストとかバダハリとか
軽いのに当ててこれからの選手を潰すのはやめて欲しい

ブロック・レスナー、HERO’S参戦はどうでもいい
プロレスとの関係薄くしたらどうだ?

.続き?
posted by メット at 21:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

全日本選手権で石井選手初出場最年少優勝

4月29日、日本武道館で行われた全日本選手権
国士舘の石井慧選手が3連覇を狙う鈴木桂治選手を
残り時間6秒の時点で有効を奪い19歳4カ月で
今までの記録19歳10カ月(山下泰裕)を破り
最年少優勝を果たした

isii.JPG

いやぁすごいね
試合は一方的に鈴木選手のペースで
腕ひしぎも決まりそうだったけど
最後石井選手が微妙な大内で勝利

石井選手の勝利で重量級の構図が塗り替えられるかな?

小川⇒篠原⇒井上⇒?

.続き?
posted by メット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

亀田大毅KOできず「ごめん」

kamehan.jpg

サマート・ツインズジム(タイ)を一方的な攻めにより
追い込んだが倒すことはできず、3−0の判定で勝った

豪快なKO勝利と歌謡ショーを期待していたお客さんに
「ごめん」と謝罪した

決して雑な内容ではなかったが
ガードを固めた相手に駆け引きにより
隙をついてチャンスを掴み
ストップまで畳み掛けるということができなかった

まぁ、最終的には結果が一番重要であることを考えれば
2連勝という幸先良いスタートダッシュを決めた訳だが
インパクトという点でやはり兄には勝てなかった・・・
まぁ、兄貴のローブローも微妙でしたがね・・・

.続き?
posted by メット at 20:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

PRIDE 武士道 其の拾 試合結果

テレビで放送した分だけ

isi.JPG
石田 光洋○ 1Rフロントチョーク ●ポール・ロドリゲス
石田選手男前だね
そして力任せのスタンドでのフロントチョーク
正義の味方みたいだ


paru.JPG
アライ ケンジ● 1RKO ○ジェンス・パルヴァー
アライ選手はフラフラしながら頑張った
よく知らない選手だけど
パルバーみたいなアメリカ人好きですよ


deni.JPG
デニス・カーン○ 1RKO ●マーク・ウィアー
俺マーク・ウィアーとかアデウソンとか
ムエタイの強そうなヒョロヒョロした選手
好きなんです
ま、カーンが勝ったけど・・・


han2.JPG
ルイス・アゼレード● 1RKO ○ヨアキム・ハンセン
壮絶なKOだったね
両者疲れて隙ができてたけど
そのチャンスをうまく活かしたハンセンでした


pau.JPG
ムリーロ・ニンジャ● 2R判定 ○パウロ・フィリオ
CBAとBTTの争い
総合力でフィリオの勝ち
仇はショーグンにとってもらおう


go2.JPG
郷野 聡寛○ 1R腕ひしぎ逆十字固め ●キム・デウォン
キムは韓流柔道ファイター?
そんな相手から十字とった郷野選手はやるなぁ
マイクで沸かせましたね


baro2.JPG
近藤 有己● 1RKO ○フィル・バローニ
力でガンガンいく選手は大好きだけど
大味すぎないか?
ま、数打ちゃ当たるもんかね


minowa2.JPG
美濃輪 育久○ 1RTKO ●ジャイアント・シルバ
なんだかなぁな対戦
キャラが強い二人
実力が伴ってる美濃輪選手の勝ち
体格差は凄かったけどね


dan2.JPG
ダン・ヘンダーソン○ 2R判定 ●三崎 和雄
ダンはチョイ悪オヤジか?
ま、「ジャッジ○○・・・ダンッ!」が聞けたので満足
やっぱチャンプは強い


au2.JPG
五味 隆典● 1R肩固め ○マーカス・アウレリオ
いやぁ、見事な一本勝ちだった
敵がいないっていきがってた五味が
壮絶な絞めに屈す
ま、スタンドに付き合わず
見事なテイクダウン
強ぇかも

いやぁ、KOや一本が多くて
面白かったなぁ
なんていうか
群雄割拠って感じだね、武士道は
アウvs五味はホントいいもん見たよ

画像悪いし
何試合か抜けてるけど
武士道10のハイライト動画

.続き?
posted by メット at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

K-1 WORLD MAX 世界一決定トーナメント開幕戦〜

sawa.JPG
アンディ・サワー○ 判定3−0 ●SHINOBU・ツグト・アマラ
朝青龍・白鵬に続き、モンゴルブームが来てるね
アマラはいい選手
サワー相手に延長判定まで持ち込んだ
ガタイは一階級下みたいだけど
スピードと積極性は通用する
これから期待の選手

dora.JPG
ドラゴ○ 判定3−0 ●オーレ・ローセン
ローセンはこの階級じゃ理想の体格だなって
思ってたんだけどなぁ
総合のほうが向いてるのかね
ドラゴは荒削りな感じがするけど
破壊力もってるね
紹介VTRのクルクル回りながらの
攻めは面白かった

sato.JPG
佐藤 嘉洋○ 判定3−0 ●マイク・ザンビディス
佐藤が完全にザンビを抑えたね
ザンビの一発を楽しみしてたけど
残念
佐藤を褒めるべきか
長身でローと膝を武器にするタイプといったら
コヒと同じだね
あんま好きなタイプじゃねぇなぁ

kohi.JPG
小比類巻 貴之○ 3R2分46秒KO ●イム・チビン
イム・チビンはスピードはあったけど
一線級にはまだだね
コヒはちょっと垢抜けた印象

kura.JPG
アルバート・クラウス○ 判定3−0 ●アリ・グンヤー
ホント接戦だったけど
クラウスはやっぱ強いんだね
K−1MAXの舞台は世界最高峰なんだなって
感じた(ちょっと単純?)

bua.JPG
ブアカーオ・ポー.プラムック○ 判定2−1 ●ヴァージル・カラコダ
カラコダはボクシング出身だが
キックの実力を持っていることを再認識させられた
なんかミーハーな意見だけど
ブアカーオはパンチの技術も
素晴らしいと思う

masato.JPG
魔裟斗○ 2R1分56秒TKO ●レミギウス・モリカビュチス
レミ残念
何が効いたんだろう?
ボディ?
ま、魔裟斗は安定した強さだね
あんま好きじゃないけど・・・

総評としては
ローセン、ザンビが負けたぐらいで
ほぼ番狂わせは無かった感じ
あとK−1の舞台はやっぱ
レベルが高いと思う
この階級は裾野が広くて
まだまだ未知の強豪はいるだろうけどね・・・

.続き?
posted by メット at 22:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。