2007年08月13日

K-1 WORLD GP 2007 IN LAS VEGAS 試合結果

おおまかに

トーナメント
<1回戦>
アレキサンダー・ピチュクノフ○ 3R判定 ●中迫 強
イマニー・リー● 3RTKO ○リック・チーク
パトリック・バリー○ 2RKO ●リカルド・ノードストランド
ザビット・サメドフ○ 2RKO ●エスチャダー


<準決勝>
アレキサンダー・ピチュクノフ● 3R判定 ○ダグ・ヴィニー
(チークが足の負傷によりストップがかかったため)
パトリック・バリー● 3R判定 ○ザビット・サメドフ

<決勝>
vi-same.JPG
ダグ・ヴィニー○ 3R判定 ●ザビット・サメドフ
リザーブからヴィニーが優勝をもぎとった
判定では「?」と思うところがあったが
目くじらたてるほどでもないくらいの
レベルだった
ま、一流どころにヴィニーが通用するかによって
大会の質が比較できるでしょ
ま、アジア大会がひどかっただけにね

スーパーファイト

masu-bon.JPG
アリエル・マストフ○ 3RKO ●ピーター・ボンドラチェック
マストフがバックスピンで勝利
何か見ていて面白い試合
ボンドラチェックのガードが甘いのもあったけどね
まぁ、楽しみな選手だけど
いかんせん体が小さいなぁ

mai-reko.JPG
マイティ・モー● 3R判定 ○ステファン“ブリッツ”レコ
うーん、まぁ
こんなもんでしょ、モーの実力ってね
ローを持ってないパワーファイターが
スピードとクリンチワークを持った選手に
うまく封じられ、ポイント負けって感じ

se-bure.JPG
レイ・セフォー● 3R判定 ○ビヨン・ブレギー
ブレギーはローが良かったと思う
セフォーも年ですか
まぁ、三流どころにはKO勝ちできるけど
何も懸かっていない、お祭り的な試合では
どうもセフォーって遊んじゃうよね
詰めが甘い
ブレギーは打たれ弱いのによくディフェンスしたよ


全体的に見ても、ぼちぼちな大会でした
アジアGPに比べたらましだけど、アクシデントは多いし
新しい力ってほど期待の選手もいないしなぁ
まぁ、ホーストが指導したり、セフォーがマネジメントした
選手が活躍してるのは、世代交代が少しずつ進んでることが伺える

日本の競馬界では、一時期内国産馬が低迷期に陥ってしまった
そこに名種牡馬の2世達がレースに、後継作りに頑張り
人気を盛り返してきている

K-1も海外から原石発掘に懸命になるのはいいが
選手の育成についても支援していけるような
組織作り、未来への展望が必要であり
それに取り組むフットワークがもう少し欲しいなぁ
(トライアウトで選抜してからの話ね)
posted by メット at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。