2007年02月07日

K-1 WORLD MAX 2007 日本代表決定トーナメント 試合結果

トーナメント中心にね

<トーナメント1回戦>

an-kohi.JPG
小比類巻 貴之● 延長R判定 ○アンディ・オロゴン
コヒは怪我で調子が悪かったそうです・・・
でも、アンディに負けるとは・・・
まぁ、アンディを褒めよう


ta-haya.JPG
TATSUJI○ 3R判定 ●HAYATO
回転の早いパンチに定評のあるタツジ
ハヤトは打ち合っちゃったね
パンチ勝負となればタツジの勝ち


o-sisi.JPG
宍戸 大樹● 3R判定 ○尾崎 圭司
なんとテコンドー選手の参戦
といってもスタイルはちゃんと
キックボクシングになってる
体格もがっしりしてるので
期待できる選手
最後は宍戸の押しにやられてたけど
ダウンを奪った尾崎の勝ち


sato-siro.JPG
佐藤 嘉洋○ 3R判定 ●白須 康仁
体格差を活かして佐藤の順当勝ち


<トーナメント準決勝>

ta-yasu.JPG
安廣 一哉● 3R判定 ○TATSUJI
※1回戦を勝ったアンディが負傷。小比類巻も負傷で棄権したため。

やっぱりパンチで押すタツジ強し


sato-oza.JPG
尾崎 圭司● 3R判定 ○佐藤 嘉洋
尾崎もそろそろスタミナ切れ
でもバックハンドブローがいいね
佐藤は安定した強さ


<トーナメント決勝>

sato-tatu.JPG
TATSUJI● 1RKO ○佐藤 嘉洋
膝で佐藤がKO勝利
安定したスタイルと体格差を活かした膝
これに尽きる
2連覇しちゃったからマサトと並んだんじゃない?
まぁ、試合は判定が多くてつまんないけど


<スーパーファイト>

mura-kura.JPG
アルバート・クラウス● 1RKO ○ムラット・ディレッキー
ムラットって知らないなぁ
でも、マニアの中じゃ有名な選手なのかな?
クラウスをKOするなんてすごいじゃん
今後に期待


bua-sino.JPG
ブアカーオ・ポー.プラムック○ 3R判定 ●ツグト“忍”アマラ
ブアが遊びつつ勝利
追いつけるやついるのかよ


総評しますか
トーナメントについては、判定が多くて眠くなった
だから薄いコメントしかしてない
でも、尾崎選手はテコンドー出身ということで
面白い
テコンドー出身といったらピア・ゲネットが思い出される
確かアンディ・フグにしょぼいKO負けだったよね
これは回転蹴りや踵落としなどの上段蹴りが
主体の競技だったために
パンチとローに対応できなかったことが敗因
尾崎選手はもうキックの選手のようなスタイルで
対応できてるから期待できるね
まぁ、もっと回転蹴りを出すと人気選手になりそう
佐藤選手は本命だったし順当ってところでしょ
ムラット選手は次を見てみないと分からない
ブアは対戦して面白い選手がもういなそう
そんなところです


.
posted by メット at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 語りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33135428

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。